検索

デルタから家族を守る。変異株の日常で可能な対策知識まとめ(11月27日(土曜日))(更新をオレンジ帯で示しています)

更新日:2021年12月15日

LACE糸 風をまとう🍀 からのメッセージ

コンピュータに触れることに躊躇される方もあるかもしれません。

気になる点や分からない部分がありましたら、お気軽にお知らせくださいませ。



★  WHO オミクロン株 の分類(B.1.1.529):懸念のSARS-CoV-2変異株 WHO収集と報告

https://www.who.int/news/item/28-11-2021-update-on-omicron



★ 11月26日(金曜日)

日本のブースターは、モデルナが主であることが発表されました。混合にすることによって、抗体を強く保つ効果があることが分かっています。


また、大阪大学から発表された論文から。デルタ4株が出現したた場合、ファイザー等の場合は、感染増強AEDが中和を上回り、未接種よりもワクチンを打ったことによって感染が増強してしまう危険性がある。(T細胞免疫がAEDを上回るかどうかで決まる。)特定の変異が四つ加わると、ワクチンの効き目が大幅に弱まる恐れがあるという研究結果が出ています。




南アフリカから狂暴な変異ウイルスが発生した様子です。これはスパイクの形態変異か重なっているため、抗体の効力を無くすであろうと考えられていますミュー株の次で、オミクロン株名

デルタ株の4倍の速さがあるという情報があります。20人感染の日数に100人が感染する予測です。


ブースターの効果は前の二回ワクチンの効果を強く引き出すと言われます。しかし持続性がまだ分からないということです。

★ ニュー株 南アフリカ、ボツワナ、香港、イスラエル、ベルギー に確認  イスラエルに姪はすでに二回のワクチン接種が済んでいたそうです。 ベルギーの一人は、アフリカマウイからベルギーを経由し今月11日に戻った人でワクチン接種はしていなかったとのこと。南アフリカ周辺の滞在はなかったということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211127/k10013364121000.html NHK27日報道


 イスラエルで異常事態 ワクチン接種開始から11か月で183人のスポーツ選手が心筋炎等で倒れ108人が死亡https://www.rtnews.co.il/?view=article&id=49&catid=22


 イスラエルの情報で、重症化した人がワクチン接種済みの人であり、死亡者はブースターを受けて免疫が低下した人であるとされています。https://twitter.com/MongolianAlan/status/1462973393452482563?s=20


 ベルギーから医療従事者の声が届いています。集中治療室に入っているのは、ワクチン接種済み患者のみです。


速報—欧州委員会は、EU諸国が#B11529のために南アフリカからの旅行に「緊急ブレーキ」導入推奨しました「拡大制限する」影響を受ける国への全て渡航を中断厳格な検疫ルールhttps://twitter.com/DrEricDing/status/1464242386092138502?s=20


 この新しい亜種B.1.1.529は、非常に急速拡大。南アフリカ発生後、2週間以内に全て感染症として優勢になりました現在は最後のゲノムの75%で、まもなく100に達する%)https://twitter.com/Tuliodna/status/1463911571176968194?s=20


英国の非常に権威ある研究機関も、mRNA注接種後に冠動脈症候群のリスクが大幅に上昇することを発見した。しかし、製薬業界からの資金提供がなくなることを恐れて発表しないと決めた ・7月から超過死亡が継続しており、自宅で集中的に発生している。心臓病のサインである可能性

https://twitter.com/j_sato/status/1464016759506104326?s=20




論文SARS–CoV–2スパイクは、DNA損傷の修復を損ない、in vitroでのV(D)J組換えを阻害します。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC8538446/



中枢神経がウイルスに侵され、味がわからなくなり、苦くても苦いと思わず、辛くても辛いと思わない。これは毒であっても毒と察することができないことです。これが味覚中枢です。

運動中枢もあります。そのため、時に右と左も神経回路の交差が起こり、間違える場合も出てくるわけです。 善悪の判断も、同じように曖昧が発現し得る可能性もあるため、行動の選択は、両親の教えである、良心に従うことが大切です。

歩く一つにしても何に関しても、確認しながら丁寧に行動をすることは大切です。



ウイルスでがんを打つ、画期的治療薬。

https://youtu.be/lzVyIe2mm4s

まさしく開発当初期待されたワクチンの効果の一つであるようにも感じられます。

動画を最後の説明まで、よくご覧になって下さい。ここでは、7年毎あるの確認がなされる予定と解説がされています。

ワクチンも、直ぐに飲むワクチンが開発され市場に出回るという情報があります。

このワクチンも、これまでの定義としての治験段階でしたが、つい先日、特別承認された後にG7の話し合いで治験の短期終了化が決定しています。


現在の段階では、まだ未知の経験と言うことで、様々な情報が出回っています。人間には様々な環境の要素の中に生きる社会性があるため、よく情報を確認しながら、選択をしていく必要もありそうです。




★ 結核の広がり方からバクテリアの広がる様子を動画で見る
CDChttps://cdc.gov/tb/topic/basics/howtbspreads.htm

★最初の開発者、ロバートマローン博士 - MRNA ワクチンが実際に説明されました。 (テクニカルバージョン)

https://threespeakvideo.b-cdn.net/ptizyohg/vdqYhaYcNTSaQPpRvgOcaGchvxavjOvMXZEaaeMZIFURjzGkYQKBUzTPLYxEhxsm.mp4

説明の中の人にはまだ分からないことがある神の神聖な範囲の言葉が印象的。

PatrickWhelanは、以前にワクチン接種を受けた人々にワクチン接種した後の「スカイハイ」抗体について述べています。感染は、これらの全身性の副作用に寄与している可能性があります。「以前にcovid19に感染していたほとんどの人は、唯一のタンパク質に対する抗体を持っています。その後ワクチン接種を受けると、それらの抗体とワクチンの産物は、いわゆる免疫複合体を生成する可能性があります。関節、髄膜、さらには抗体でさえ、症状を引き起こします。

この論文の場合では、無症状感染で実際に起こした人がブースターを受けた場合に危険な可能性があるという内容ではないでしょうか?





#新型コロナワクチン#ブースター接種#オックスフォード大学

ブースター接種に疑問呈する イギリス・ワクチン開発者



★ 新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(11月5日UPDATE) https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/ #AnswersNews


★ 新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(11月5日UPDATE) https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/ #AnswersNews


★ ワクチンは、スパイクタンパクの、人の受容体との接合部の蓋を、生成させるために体内に人工的ウイルスの一部を入れるものです。吸収され昇華されると言うものの、一部スパイクが生成されることになるため、今後はそのケアーをすることが大切です。

○ 勤めて抗酸化成分の摂取をする。

○ ベルベリンなど、身体に不必要なものを排出させる成分を摂取する。(日本発祥のイベルメクチンの治験が42か国で行われています。現在16か国以上の国々がイベルメクチンを使用して、感染増大を抑え込んでいます。)


以上を心がけることが大切ですが、この二つの成分は、免疫を作り出し、腸内の環境を整えるため、同時にウイルス感染の予防にも働くと言えます。

○水分を心がけて取り、疲れたら体を休める事が大切です。ウイルスは、体内に広く分布するACE2受容体に付着して感染させるため、刺激によって免疫暴走を起こしやすいためです。リラックス状況を心がけて作り出しましょう。







最近の動きとして


日本の新型コロナウイルス感染状況は2021年11月14日現在、まだ感染者が減少底辺と落ち着いた状況にあります。しかし政府は日本への留学生の受け入れを決定いたしました。

実は、現在の海外の状況は、日本と違い大変混乱した状況にあります。


★速報フランスの保健当局は、ヨーロッパの他の地域が新たな急増を経験している間に、別のSARS-COV-2バリアント-B.140の出現を報告しています。https://www.thailandmedical.news/news/breaking-french-health-authorities-report-emergence-of-another-sars-cov-2-variant-b-1-640-while-the-rest-of-europe-is-experiencing-a-new-surge


★タンザニア、ウガンダにと、危険な変異株が発生。 ヌクレオカプシドタンパク変異によるもの。

https://twitter.com/RWMaloneMD/status/1459602856600911874?t=Kp9XyQKDamKWBepCwXcPrg&s=19

★英国で現在優 勢な分離株の (AY.25とAY.27)のこれらは、 般的に「デルタプラス株」と呼びます。厳重に注意しなければなりません。


★感染者が減少している日本でも、真剣対応しなければら無い変異と捉えることが出来ます。


★海外では感染症への対応に、人々が行動を始めた様子を各国のメディアが伝えています。オーストラリアのメルボルンでは、新たにできた新パンデミック法に25.000人が抗議集会を起こす情報が国営ABC放送で報じられました。また14日米国は760,000人のコロナウイルスによる死亡を通過しました。多くの州で事件が発生しています。休日は新たな急増をもたらす可能性があります


★ドイツで過去最大規模の感染拡大、首都の娯楽施設はワクチン未接種者立ち入り禁止へ 2021.11.12 Fri posted at 09:25 JSTCCN 欧州が再び「感染の震源地」に ワクチン接種の停滞が要因とWHOが評価を出しました。=WHO 2021年11月5日BBC


★コロナ治療薬開発 政府、1剤につき最大20億円支援へhttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6409415


★日本でも無症状感染者のPCR検査が11月8日無料となりました。政府の方針案では、感染が再拡大した場合、都道府県の判断で、無症状者の自主検査も都道府県が指定した検査場での検査は無料とする

★最初の開発者、ロバートマローン博士 - MRNA ワクチンが実際に説明されました。 (テクニカルバージョン)

https://threespeakvideo.b-cdn.net/ptizyohg/vdqYhaYcNTSaQPpRvgOcaGchvxavjOvMXZEaaeMZIFURjzGkYQKBUzTPLYxEhxsm.mp4

★ファイザーワクチンでは2回接種後感染増強は、中和を上回り未摂取よりさらに重篤の可能性。T細胞がそれを救うかどうか?
大阪大学 査読前の論文 biorxiv(https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2021.08.22.457114v1.full#ref-44

大阪大学から発表された論文から。デルタ4株が出現したた場合、現在のワクチンファイザー等の場合は、感染増強AEDが中和を上回り、未接種よりもワクチンを打ったことによって感染が増強してしまう危険性がある。(T細胞免疫がAEDを上回るかどうかで決まる。)さらに特定の変異が四つ加わると、現在のワクチンの効き目が大幅に弱まる恐れがある


★ mRNA開発者「ファイザーとイスラエルは10年間ワクチンの副作用を隠すことに合意した」爆弾ツイートが波紋呼ぶ。 各国の契約者と政府は、契約書を黒塗りにしているそうです。意味は長期における何らかの体への作用がある可能性と、捉えられるのか。 https://tocana.jp/2021/08/post_218206_entry.html11月4日





抗原検査キット 薬局での販売を許可 厚労省 2021/09/27https://www.youtube.com/watch?v=Q447hlAWJ_4


9月13日(月曜日)感染状況を見ると、八月16日付で降りた検査縮小が全国に広まっていることが分かります。

八月15日、保健所業務の逼迫を受け、濃厚接触者や感染経路を詳しく調べる「積極的疫学調査」の規模縮小方針を都内の各保健所に通達しました。

八月10日付。重症化リスクの高い人が多い医療機関や高齢者施設での事例の調査を優先させ、保健所の負担を軽減する狙い。

高知市は新型コロナウイルスの感染経路を調べるためのPCR検査を、濃厚接触者に絞る運用を始めた。

静岡県検査確認作業を縮小する動きが県内の保健所で始まる。

愛知県対策に関する業務や県民生活の維持に必要な業務を中断することなく、段階的に一部業務を縮小・中断することで対応。




月9日、日本で「イータ株」感染を18人確認しました。


南米コロンビアで現在ミュー株が最も優勢で最大60%近くを占めているそうです。9月初旬時点で、死亡者の三分の二がミュー株でした。デルタを超える可能性が出てきました。これは、コロンビア国立保健研究所カルロス・フランコ研究員からの情報です。

ミュー株の状況【東京医科学研究所は、体内で感染や重症化を防ぐ“ワクチン中和抗体”の効果がほぼないとする分析結果を発表しました。中和抗体の働きはこれまでの変異株と比べて最も低いとしています。




抗体カクテル療法で95%が改善と東京都が発信しました。「早い投与で改善の傾向」  改善しなかった患者の63%が発症して5日以上経ってからの投与だった。なるべく早い段階で投与したほうが、症状が改善する傾向がみられる」としています。


“約半数に後遺症” 東京・世田谷区コロナ患者アンケートの詳細https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20210907b.html

感染した人重度軽症合わせてのおよそ半数にけん怠感などの症状があることがわかりました。中には半年以上、症状が続いている人もいるそうです。


現在のワクチンは三か月で抗体の減少を始めます。半年たつとデルタ株には感染します。

感染時は、無症状ですが、体内のウイルスの数は千倍にも上る時期もあり、ワクチン三接種者と同じです。


ワクチン接種済み者は、重症化はしませんが、ワクチン先行国イギリスイスラエルでは入院の半数を占めていました。


感染を知らないまま行動すると、ワクチン未接種の子供やその他の人々を感染させるばかりでなく、自分自身にも体内にウイルス量が増えて、影響を与えます。




  • 高濃度酸素供給施設が地方へ設置され始めています。医者と看護師が常駐して、酸素吸入他点滴薬剤投与などの治療も行っています。


  • 自宅待機ホテル待機の人々も重症化し始めて、行き場を失っています。重傷者に向けて通院外来にて、中和抗体カクテル療法(点滴)治療が承認されました。


  • 対処方法はこのページの最終「変異株予防策(生活の、中処方箋無しでできる予防策)」センテンスに載せてありますが、最新情報として、自宅待機の不安で命に別条のある場合は、先ず、「酸素飽和度を知らせる。ない場合はチアノーゼ唇や手足の指先の色で知らせる」家族構成で命に別条がある場合に「体温の数値と呼吸の様子、年齢を知らせる」を伝えてください。どうしても保健所の電話がつながらない場合は、最後まで聞くと緊急連絡先が知らされる場合があります。


  • ワクチン先行国イギリスの調査によると、子供の入院患者が増えていて、入院子供患者の7分の一が、後遺症を持つと調査との結果が出ました。


  • 変異株にはデルタ株から分かれてできたものもあります。また、次の変異株も出現しています。ラムダ株・イオタ株・ミュー株です。現在の所、デルタ株が非常に重篤な状況を招く強豪の為、それらの株は優勢デルタ株を前にウイルの減少が見える株もあります。デルタ株以降のこれらは共にワクチン抗体に対する耐性が強く、抗体を抑え込んで効果をなくす働きをすることが情報で得られています。その他の事はまだよく分かっていません。注視したいと思いますが、現在デルタ株優勢となっています。

  • 9月中旬 ブラジルでは60%近くがミュー株に入れ替わりました。今後出入国が緩みやすい経済活動が始まる可能性もあるため、注意をしてお過ごしください。

  • アメリカペンシルバージニア州の知事が情報を出しました。

・最近8週間で ・ワクチン2回受けた人の ・陽性率が26%上昇 ・入院が21%増加 ・死亡率が25%増加




  




デルタ株の現在の日本は、感染爆発を受けて大慌てをしています。あっという間に感染が広がるさまは明らかで、目に見えて感染が増えて行きました。 原因はどうやら、ワクチン接種済の者も感染して無症状感染となって、知らぬ間に感染を広めているようです。


これでは、家族がかかっても水疱瘡のように、同一空間の家族は、感染を免れることが出来ません。オーストラリアでは、同じ空調によって感染が広がるためマンションごとのロックダウンを実行しました。 日本ではデパートのクラスター大量感染が二カ所発生しています。

町に規制がかかって、家から出ない場合は、感染は水が引くように静まります。

今学校によっては、夏休み期間を延ばすところも出てきました。

 

さてどういたしますか?

ここでは日常の対策を纏めてみました。




まずデルタ株を知るために現在の状況を上部にまとめています。


その後、防ぎょの対処を赤文字で日常の面から纏めました。


次に、もしもかかったらどうするのかを記事より文字を添付させて頂きました。


どうぞ、少しでもあなたのご家庭の役に立てますように、祈っております。






ウイルスには、機能獲得能力が埋め込まれたと言われています。どのようなものでしょうか?

  • 変異株の突然変異は、宿主にどれだけダメージを与えるかではなく、どれだけ効果的に広域に感染させるかを組み込まれている。

  • デルタ株は肺と咽喉の内部でより高いレベルで増殖しています。

  • ウイルスSAS-COVID2のスパイクたんぱく質が、人の咽喉や胚細胞の外側を飾るACE2受容体に付着します。この受容体は重症急性呼吸器症候群SARS-COVIDのドッキングポイントです。SARS-COVIDと比較して、SARS-COVID2は、ACE2に推定2~4倍強く結合します。症状の出る二日前から感染させます。一人が五人から、五人から10人近くに感染させると言われています。

  • 患者の14日以内の入院リスクが高い。デルタ変異体に感染したCOVID-19の患者は、アルファ変異体の患者と比較して入院のリスクが約2倍である。

  • 報告書によると、デルタ株は、中東呼吸器症候群(MERS)、重症急性呼吸器症候群(SARS)と同じ感力を持つ、エボラ出血熱、風邪、季節性インフルエンザ、エボラ出血熱よりも天然痘を引き起こすウイルスよりも、感染力が高い。水ぼうそうと同等の感染力。

  • 世界のデルタ型変異ウイルスは、すでに200か国近い数で検出されている。

  • デルタ型ウイルスは、従来の新型コロナウイルスよりも感染力が43~90%強いと報告されていたアルファ型よりもさらに64%感染力が強い。デルタバリアントはアルファバリアントよりも最大50%感染率が高い可能性。

  • 一人の感染者から、5人から9人の人に感染する

  • 変異体は受容体結合ドメイン(RBD)をホストして、ACE2受容体への結合に関わるスパイクたんぱく質のサブユニットの変異がある傾向にあります。ウイルスは様々な工夫をして人の受容体について、より多くの人々に感染を試みているようです。

  • 従来の新型コロナウイルスよりも★感染者の体内でのウイルス量が1000倍以上多くなる。感染しやすい。室内ですれ違う時に呼気が届く、10から60センチ以内に数秒で感染。★

  • ウイルス検出機関が2日短くなり、ウイルス排出期間は長くなっている。

  • 感染した細胞にウイルスが付着し長期間繁殖し、ますます多くの感染ビリオンを放出することを可能にするのではないかと調査が行われています。

  • 抗体免疫回避のメカニズムも持ち合わせて、ワクチンの効果を薄めています。

  • 体中のタンパク受容体にウイルスは付着するため、様々な臓器への影響は否めません。それは後遺症になって発現する場合もあります。また免疫系タンパク受容体中枢神経系タンパク受容体脳等のナイーブな臓器にも感染が起こりやすいと言えます。

  • 年齢が広域化して、まだワクチンを受けることのできない子供たちに危険が及んでいます。アメリカの多くの州では既に小児病棟のベッドの空きが足りない状況になっています。入院中のCOVIDの子供(24%)は、長期にわたる症状を経験します-倦怠感、睡眠障害、および退院後7か月の感覚障害*プレデルタバリアンhttps://bit.ly/38nL6Nu

/軽度の入院していない英国の子供では、COVID-19に感染した2〜11歳の7.4%と12〜16歳の8.2%が、12週間後に長いcovid症状を報告しました-4月21日までの倦怠感、睡眠障害、感覚障害*プレデルタhttps://bit.ly/2WzZJem

  • アメリカCDCは、従来のコロナウイルスよりも重症化する恐れがあるという内部文章を公表しました。

  • 水疱瘡並みの感染力があり、ワクチン接種を完了した人にも感染する可能性がある。

  • 「ワクチンは臨床試験で発症予防効果があるとされましたが、感染そのものや死亡を減らす効果は証明されていません。報告されたデータを見る限り、副反応のリスクがかなり高く、積極的に打つメリットは見い出しづらいと判断しています」:東京理科大学薬学部准教授・佐藤嗣道氏のような意見もあります。

  • デルタ株流行の現在は重症化を防ぐためのワクチンと言う認識が前面に出ています。






変異株の種類はどのようなものが有るのでしょうか?

今後もまだまだワクチンなどに対して抗体感染増強を起こし、機能獲得によって、変異を起こすと言われています。


アルファ   イギリス          アルファバリアントで50%以上が         ヒト細胞に感染するようウイルスが準備
ベータ    南アフリカ
ガンマ    ブラジル
デルタプラス インド             ワクチン効果を弱める            感染スピード早めて防御力を弱める         デルタ変異体で75%以上がヒト細胞に          感染する準備がされている

デルタ    インド デルタから出た新たな変異株イギリスで増殖中  スピード感染性がデルタよりも速く高い可能性有。英国のサンプルの約10%で見つかっています。 二つの注目すべきスパイク変異Y145HとA222Vを持つデルタのサブ系統です。デルタ上に小さな送信エッジがある可能性有。                                            英国で現在優 勢な分離株の (AY.25とAY.27)のこれらは、 般的に「デルタプラス株」と呼びます。厳重に注意しなければなりません。


イプシロン  アメリカカリフォルニア   ウイルスの膜融合性を高めること で、感染力が増強することが分かった。HLA-A24はヒト白血球高原(HLA)の1種で、日本人の約60%が保有する。今回の研究では、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の感染受容体結合部位が、HLA-A24により強く認識されることを実証した。

ゼータ     ブラジル           中和抗体を弱める
イータ     複数国
シータ     フィリピン
ロ タ
イオタ      アメリカ ニューヨーク
  • 致死率2倍との研究調査。イオタ変異株は感染時の致死率を上げる可能性があるとの見解を示した。査読前の論文がmedrxiv.orgに掲載(ニューヨーク市保健局とコロンビア大学メールマン記念公衆衛生学部の専門家

  • イオタ株は致死率を上げ、年齢45-64歳のグループが感染した場合に46%、65-74歳が感染した場合に82%、75歳以上が完成した場合には62%上がることが確認された。罹患した人のうち0-10%はイオタ株に対して免疫が対応できない。

カッパ     インド
ラムダ     ペルー           中和抗体を弱める  報道によると、WHOはラムダ株を2番目に警戒度が高い「注目すべき変異」に指定し、L452Q、F490S、T761といったウイルスが持つ多くの変異をめぐって謎が多い。 感染力が強まったり、免疫ん働きに何らかの影響を与えたりする恐れがあると指摘した。 東京大学准教授らは、ラムダ株は感染力が強く、ワクチンんも聞きにくい恐れがあると報告している。 感染力については、デルタ株と同等程度の可能性があるとの他の専門家の見方もある。 しかし日本政府による監視の対象とはなっていない。 カリフォルニア州ラホヤにあるスクリップスリサーチトランスレーショナルインスティテュートの所長で分子医学の教授であるエリックトポル博士は、SARS-CoV-2変異体を追跡するデータベースであるGISAIDに報告された新しいラムダ症例の割合が減少していると述べた。亜種が衰退している兆候です。 伝染性の変化を引き起こしたり、より重篤な疾患を引き起こしたりする疑いのある突然変異を持っていますが、まだ調査中です。実験室での研究では、ワクチンによって誘発される抗体に抵抗する変異があることが示されています。



ミュー   コロンビア

南米やヨーロッパで感染確認がされている。コロンビアエクアドルで現在増加傾向にある。ウイルスの「スパイクたんぱく質」の遺伝子に「N501Y」という変異や抗体の攻撃から逃れる「E484K」という変異などが含まれていて、ワクチンから得られる免疫が薄れるため効かない傾向。 コロンビア国立保健研究所カルロス・フランコ研究員によると、感染力や重症リスクについては、さらなる調査が必要。コロンビアではピーク時に一日650人の死者が出ている。

現在ミュー株は40か国に広がっています。



ラムダ株ミュー株、この2つの変異は南アフリカで確認され、WHOが「VOC=懸念される変異株」に位置づけている「ベータ株」にもみられる。調査中
 オミクロン 株                  デルタ株の4倍の速さがあるという情報があります。20人感染の日数に100人が感染する予測です。                                      ❍ タンザニア、ウガンダにと、危険な変異株が発生。 ヌクレオカプシドタンパク変異によるもの。 ○ 「恐ろしい」数の突然変異を伴うコビッドの新しいボツワナ変異体について警告がでました。ボツワナの亜種(B.1.1の派生物)がウイルスのさらなる感染を促進する可能性。スパイクタンパク質の32の変異により、人の免疫系をより簡単に回避し、より多くの人に広がる可能性がある。 WHO「懸念される変異株」に指定

 












各国の報告 【ヤフーニュースより】


カナダ(従来のコロナウルスと比べて)

  • 入院リスク2.2倍

  • ICU入室リスク3.87倍

  • 死亡リスク2.37倍

シンガポール(従来のコロナウルスと比べて)

  • 酸素投与が必要

  • ICU入室、

  • 死亡リスク2.37倍

イギリス(アルファ株と比べて)

  • 入院リスク2.61倍

スコットランド(アルファ株と比べて)

  • 入院リスクが2.39倍

イギリス・スコットランド(ワクチンの予防効果は)

  • 予防効果79%

  • 発症予防効果88%

  • 入院予防効果))96%

カナダ(ワクチンの予防効果は)

  • 発症予防効果87%

  • 入院・死亡の予防効果100%

イスラエル(ワクチンの予防効果は)

  • 感染予防効果64%

  • 発症予防効果64%

  • 入院・死亡の予防効果93%

アメリカ(ワクチンの予防効果は)

アメリカマサチューセッツ州発生のクラスター469人のうち、347人(74%)がワクチンを完了して