検索

COVID19 変異株を追って 5月の経過を見る

更新日:2021年12月15日

5/315/31

(略時系列となっています。)


LACE糸 風をまとう🍀 からのメッセージ


  • どうしてインドで感染者が減っているのか、不思議だったんですが、インドのある州政府では5月はじめから、イベルメクチンをコロナの予防用に全ての大人の住人に配布していました。確かに、5月初旬からインドでコロナの新規感染者が減ってます。

https://livemint.com/news/india/ivermectins-efficacy-against-covid-19-proven-in-other-countries-goa-govt-to-hc-11622209395735.htm l5/31



  • 日本発「イベルメクチン」 インドがコロナ治療で感染者数減もWHO「反対」のナゼ〈dot.〉

https://news.yahoo.co.jp/articles/52223fb47d6866c9bc11e3ab097d7a611d4c19dd



  • 厳重に管理されている隔離ホテルで、たったの20秒間ずれて、ドアを開けただけで、感染者のエアロゾールを吸って感染 




  • イギリスでインド変異株により入院患者が20%増加 5/29



  • l アメリカでもインド変異株が増加中5/30

  • l ベトナム、台湾、タイランド、カンボジアで新型コロナ急増中。5/30



  • l イギリスでインド変異株により入院患者が72%増 5/30


入院治療#COVID19最新の英国によると、わずか 8 日間で 72% 上昇しました。イギリス国旗政府データ。これは、#B16172ケース。死亡者も増え始めています。英国は最も予防接種を受けている国の 1 つであり、少なくとも 1 回の接種で約 57%、完全に 35% が予防接種を受けています。


  • 中国人民解放軍がアビガンの特許を取得!夏からアビガンの使用には中国の許可が必要に!嘘みたいな本当の話 なぜこんな事に?説明します 歴史的緊急 5/31


  • l インドに由来する新型コロナウイルス変異株の国内での感染者の累計が24日までに7都府県で29人になったことが26日、厚生労働省の集計で分かった。18日までの報告例は8人で、1週間で3倍以上に増えた。5/27 https://nordot.app/770281089440579584


  • l 中国人民解放軍がアビガンの特許を取得!夏からアビガンの使用には中国の許可が必要に!嘘みたいな本当の話 なぜこんな事に?説明します 歴史的緊急... https://youtu.be/f65K7zTH4Jc @YouTube より 5/31


  • l インド変異株はこれまでと違う症状がでる。腹痛、下痢、吐き気、吐瀉、難聴、関節痛。濃厚接種者の60-90%が感染。かなりの感染力 B1.617 strain of COVID-19 may present with unusual symptoms 5/28

https://www.9news.com.au/national/concerns-over-symptoms-of-certain-covid-variants/3c8dba49-2d3c-420f-8c29-1216d0571a36


  • カナダは、完全な予防接種にもかかわらず、COVID-19の再感染を見るかもしれない、と専門家は言う 5/23中和抗体増強

https://globalnews.ca/news/7883901/covid-19-resurgence-full-vaccination/?utm_source=%40globalnews&utm_medium=Twitter



  • 政府の新型ウイルス対策を策定する非常時科学諮問委員会(SAGE)は、インドの変異株がケント(イギリス株)のものより感染力が最大50%高い「現実的な可能性」があるとしている。 5/23


糖尿病患者は特に感染リスクが高く、新型ウイルス感染症COVID-19から回復してから12~15日後にムコール症を発症するとみられると、医師はBBCに語った。5/23


  • l コロナ死者、昨年は300万人か 公式数字を120万人大幅増 WHO

https://www.cnn.co.jp/world/35171141.html

@cnn_co_jpから 


  • l 家庭内感染が増える 5/20

https://www.fnn.jp/articles/-/182864



  • 空気感染の様な状況が増える。 5/21

l 新規の脂質ナノ粒子 (LNP) 送達システムを使用した、SARS-CoV-2 感染に対する非常に効果的な低分子干渉 RNA (siRNA) 治療法を紹介します。 SARS-CoV-2 ウイルスの高度に保存された領域を標的とする複数の siRNA がスクリーニングされ、単独または互いに組み合わせてウイルスを 90% 以上効果的に阻害する 3 つの候補 siRNA が出現しました。これらの候補 siRNA 治療薬を SARS-CoV-2 感染中に大きな損傷を受ける器官である肺に送達するための 2 つの新規 LNP 製剤を同時に開発およびスクリーニングしました。これらの LNP への siRNA のカプセル化とそれに続く in vivo 注射は、肺におけるウイルスの強力な抑制と、処理されたマウスの顕著な生存の利点を示しました。私たちの LNP-siRNA アプローチは拡張可能であり、ヒトの SARS-CoV-2 感染の最初の兆候で投与できます。 siRNA-LNP 治療アプローチは、現在のワクチン戦略の補助療法として COVID-19 疾患の治療に非常に役立つ可能性があることを示唆しています。5/19

https://www.cell.com/molecular-therapy-family/molecular-therapy/fulltext/S1525-0016(21)00256-2#%20


  • l 新型コロナウイルスに感染した子供たちの多くは無症候性である。感染後四から六週間で多系統炎症反応

1,000人に1人の子供が、COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2の感染が確認されてから4〜6週間後に多系統炎症反応(MIS-C)を経験します。5/19

https://news.yale.edu/2021/05/14/rare-covid-19-response-children-explained

l インドで最初に検出されたコロナウイルスの二重変異変異体として一般に知られている新しいB1617株は、幼児にさらに影響を与えるようです。5/17

Ong Ye Kung保健相は、これが学校がより慎重なアプローチを取っている理由であると述べています。https://tdy.sg/3uVs8HP


  • l 従来型に比べてイギリス変異株は2倍、南アフリカ変異株は4.6倍、人の細胞にくっつきやすくなった 5/20

l バリアント(インド起源)は現在、英国でシーケンスされたケースのほぼ30%…すでに速いものを置き換えます#B117。 WHOと英国は両方とも先週警告を上げました。英国の専門家によると、B117よりも60%高速です。




  • l シンガポール —インドで最初に検出されたコロナウイルスの二重変異体として一般的に知られている新しい B1617 株は、年少の子供たちにより多くの影響を与えている 5/16


  • l 尻から酸素、腸呼吸で呼吸不全を改善 コロナ治療に期待

https://www.asahi.com/articles/ASP5G6R02P5DULBJ007.html

l 英国からのより速い送信警告イギリス国旗の政府#B16172亜種-「B16172はより伝染性が高いと確信している#B117、&現実的な可能性#B16172伝染性が50%高くなる可能性があり、入院の大幅な復活につながる可能性があります。」

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/988403/S1236_Eighty-nineth_SAGE.pdf


  • l ウイルスは現在、子供たちにより深刻な影響を与えているようです. 最初の波の間は比較的影響を受けなかったが、子供と青年は現在、長引く発熱や胃腸炎などのより明白な症状を示している、と医師は述べた. 5/16 

この 2 週間で 1 歳から 7 歳までの 6 人の子供を入院させました。「胃腸感染症の患者は、静脈内輸液を行う必要がありました。息切れの患者には、ステロイドと酸素のサポートが必要でした」とパレフ氏は述べています。 最初の波の間、パレクは入院が必要な一人っ子に言及したことを覚えていません。彼は、新しい突然変異と子供への影響の増加を結び付けています。「入手可能な医学文献によると、マハラシュトラ州 (現在は B1.617 と呼ばれる) で見つかった「二重突然変異」が、その背後にある理由の 1 つである可能性があることが示されています。

https://www.hindustantimes.com/india-news/in-second-wave-kids-more-symptomatic-101617821189124.html



  • l 政策フォーラム感染症屋内呼吸器感染症と闘うためのパラダイムシフト

SARS-CoV-2 感染に関与する環境要因: COVID-19 感染制御戦略における室内環境の質の影響と役割

https://environhealthprevmed.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12199-020-00904-2



  • 科学者グループは、屋内で呼吸器感染症と闘うための「パラダイム シフト」を Science で主張しています。

https://isanidad.com/187212/un-grupo-de-cientificos-reclama-en-science-un-cambio-de-paradigma-para-combatir-las-infecciones-respiratorias-en-interiores/?hcb=1


  • l 台湾各地で制限強化、新型コロナ感染者増加受け

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-taiwan-idJPKBN2CU05J?feedType=RSS&feedName=special20


  • l さらなる証拠は、SARS-CoV-2遺伝子がヒトDNAと統合できるという物議をかもした主張を支持する

https://www.sciencemag.org/news/2021/05/further-evidence-offered-claim-genes-pandemic-coronavirus-can-integrate-human-dna

  • l CDCは、空気感染を認めています。 Eric Feigl-Ding

https://www.nytimes.com/2021/05/07/health/coronavirus-airborne-threat.html


WHOと空挺拒否者は1年遅れており、多くの人を不注意に危険にさらしています。と危惧しています。

エアロゾルやマイクロ飛沫で時には1.8m以上離れた感染者から感染もあり得るとガイダンスに記載しました。5/10


  • l 変異株「全く別のウイルス」 専門家、強力な対策要請―学会緊急シンポジウム https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050800389&g=soc 「従来と同じ対策では全く立ち行かない新しいウイルスが出てきていると考えなくてはいけない」と強調した。 専門家は「従来株より感染力が強い全く別のウイルスと考えていい。ワクチンが十分行き渡るまでは強力な対策を取らざるを得ない」と訴えた。5/9



  • l 変異株「全く別のウイルス」 専門家、強力な対策要請―学会緊急シンポジウム

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050800389&g=soc

「従来と同じ対策では全く立ち行かない新しいウイルスが出てきていると考えなくてはいけない」と強調した。 専門家は「従来株より感染力が強い全く別のウイルスと考えていい。ワクチンが十分行き渡るまでは強力な対策を取らざるを得ない」と訴えた。5/9



  • l 世界保健機関が COVID19 の空気感染拡大に関するアドバイスを更新

エアロゾルがウイルス感染の主要な形態であることを認めました。WHOのコロナウイルスQ&Aページのアドバイスに、空中感染に関する警告が含まれるようになりました。

https://www.9news.com.au/national/coronavirus-the-world-health-organisation-updates-advice-on-airborne-spread-of-covid19/b5e07e29-09ec-4393-b7ff-4d27067d6179


  • l アメリカCDCは新型コロナは特に室内では空気を介して感染すると強調した。エアロゾルやマイクロ飛沫で時には1.8m以上離れた感染者から感染もあり得る

このウイルスは空気感染の脅威であると CDC は認めています。

CDCは金曜日に、コロナウイルスが空中伝播、特に屋内、さらには6フィートを超えて感染することを強調しました。新しいガイダンスは、ほとんどの感染が「密接な接触」によるものであったという当局の以前の立場からの変更です。

https://nyti.ms/3f1zeUy


  • l オーストラリア政府は5月3日から、インドからの入国者に罰金800万と5年禁錮刑を実施中。それでも国民は納得していている。 5/7


  • l インドからの入国を拒否もしくは拒否に相当する措置を出している国:オーストラリア,イギリス,イラン,クエート,台湾,インドネシア,ネパール,イスラエル,シンガポール,カナダ,ニュージーランド,ドイツ,バンラグラディッシュ,イタリア,オマーン,UAE,ナイジェリア

https://www.hindustantimes.com/world-news/covid19-travel-ban-these-countries-have-restricted-flights-to-and-from-india-101620125693859.html


  • l カタールで38万人にファイザー社のワクチン接種。イギリスと南アフリカの変異株に効果あることがわかった。それと接種者に100%重症の患者が出なかった 5/6



  • l 東京 変異ウイルス検査 62%感染確認「流行主体が変異株に」 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210505/k10013014421000.html 5/6


  • l 感染者がうつす感染期間んが延長しています。


DNAパパゲノム解... @DNA_PAPA

オーストラリアでゲノム解析を行い活躍されている日本の専門家が、

イギリス変異体は感染者 の体に従来型の2倍の長さ 感染し、感染可能な日数 が 8-13日となってきた。と、

Eric Feigl-Dingしの論文から知らせました。5/5


  • 「1日に2時間45分しか動けない」 長期化するコロナ症状に悩む若者 - BBCニュース

https://www.bbc.com/japanese/video-56585942

軽症で済んだと思ったCOVID-19は長期化。

感染から数カ月後、リースさんは「CFS/ME(慢性疲労症候群/筋痛性脳脊髄炎)」と診断された。

専門家はその後、リースさんのCFS/MEは「Long Covid(長期コロナ感染症)」の一種だと判断。Long Covid専用の医療機関へ行くように告げた。5/5


  • l変異株拡大。増える子供の感染 小児医療にも迫る危機

増える子供の感染 小児医療にも迫る危機

https://www.sankei.com/life/news/210503/lif2105030023-n1.html @Sankei_newsから5/4


  • l モデーナ社の変異株ワクチンが南アフリカの変異株に良い効果がある事がわかった

https://www.businessinsider.com/modernas-booster-vaccine-works-to-fight-coronavirus-variants-data-2021-5?amp&__twitter_impression=true


  • l コバキシンはCOVID-19の617変異体を中和することがわかった:Dr Fauci

https://economictimes.indiatimes.com/industry/healthcare/biotech/pharmaceuticals/covaxin-found-to-neutralise-617-variant-of-covid-19-americas-top-pandemic-expert-dr-anthony-fauci/articleshow/82285028.cms?utm_source=


  • l コロナ肺炎の重症化防ぐ治療薬東北大が開発、6月から臨床試験 4/30

https://nordot.app/760761769110814720?c=39550187727945729


  • l イギリス変異体は感染者の体に従来型の2倍の長さ感染し、感染可能な日数が8-13日となってきた。 5/4

検疫を増やしますか?研究はそれを示唆している#B117 UKバリアントは、B.1.1.7以外の場合のほぼ2倍の長さでヒト宿主に残る可能性があります#SARSCoV2、潜在的な伝染期間を約8日から13日に延長します。これは、B117の優れた感染を説明するのにも役立ちます。スレッド

https://forbes.com/sites/williamhaseltine/2021/02/19/nba-study-reveals-the-uk-variant-may-last-longer-in-human-hosts/


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示